日本卓球リーグ・特別ルール

 

1)試合方式

日本卓球リーグでは、緊迫感と集中力を増した好試合・好ラリーを展開すること、試合時間の短縮などを行い観客増員に結びつけることを目的に、様々な試合方式を検討してまいりました。 2014年度前期大会より試合方式を新しくし、より魅力的なリーグを今後も目指してまいります。

 

<新試合方式>

1番→5ゲーム(最終ゲーム6オールから11本マッチ)

2番→5ゲーム(最終ゲーム6オールから11本マッチ)

3番→3ゲーム(3ゲームとも11本マッチ)

4番→5ゲーム(最終ゲーム6オールから11本マッチ)

5番→5ゲーム(最終ゲーム6オールから11本マッチ)

 

●シングルスは最終ゲームを6オールから行う

タオルは通常通りの使用(6ポイントごと)とする

●シングルスの最終ゲームはチェンジエンドをしない

●ダブルスの最終ゲームはチェンジエンドをする

●試合開始2時間30分で2台進行に入る 

 

 

2)リーグ戦の順位決定方法

通常ルールでは、勝敗が同じとなった場合、2者間では対戦間の勝者が上位、3者間以上では、その対戦間同士のみの得失点で順位がつけられますが、日本卓球リーグの場合、全対戦チーム間の成績比率により決められます。

つまり、勝った試合は3-0、負けた試合では2-3と、少しでも失点を少なく、得点を多くすることが有利となるため、どの対戦も緊迫した見ごたえのあるゲームとなります。

 

3)ユニフォーム・ゼッケン

通常ルールでは、各チームのロゴなどの大きさが制限されていますが、日本卓球リーグではその範囲を超えた大きなロゴや文字を使用し、PRすることができます。 ゼッケンについても、各チームで工夫したオリジナルのものやユニフォームにプリントしたものが使用できます。また、2018年度より「背番号制」を導入し、選手名は背番号で識別しやすくなりました。プレーだけでなく、工夫を凝らしたユニフォームやゼッケンにも注目してください。

 

4)オープン化

日本卓球リーグでは、30周年を機に実業団チーム以外の大学チーム・クラブチームが参加できるオープン化を実施しております。

 

5)◆ゴールド制(レンタル制)

2009年度後期大会より、日本人選手1名に限り、他所属からレンタルすることができるようになりました。

その対象となる選手は、(公財)日本卓球協会のナショナルチーム(NT)、およびNT候補選手(ただし、高校生以下を除く)。ゴールド選手は、日本卓球リーグの前期大会・後期大会・JTTLファイナル4のみに出場することができます。

ゴールド選手は、1試合にシングルス・ダブルスの2ポイントに出場することができます。ただし、同チームの外国籍選手が同試合に出場する場合は1ポイントに制限されます。